FC2ブログ

開拓者たち 続編

野の花前掲番組の第4回を見た。「開拓者たち」は引揚船に乗って帰国。故郷に帰るが快くは受け入れてもらえず、新天地を求めて福島県那須高原に集団入植。竹林の開墾という難業に取り組み、大陸に残したと家族との再会を希望の灯に、周囲の蔑視に耐えて生活再建に取り組む。思えばあの時期、日本は敗戦ショックで茫然自失の状態にあり、他人を思いやる余裕すらなかったことが分かる。東日本大震災の直後世界で称賛された日本人の自制心や助け合いの心は、中国に抜かれたとはいえGDP世界3えられてのいたせいかと思う。極貧と生存の危機下でも助け合える日本人であってこそ、本当の称賛に値するのだがと考えさせられた。写真は我が家の庭に咲いた野生のゆりの仲間。

スポンサーサイト



「開拓者たち」を見て

昨夜NHKドラマ「開拓者たち」の再放送を見た。シリーズ3回目(?)の方正から新京(長春)にかけての逃避行を描いたものだったが、死に行くもの生き残るものの別なく互いを思いやり、わが身を捨てても仲間を助けようとする姿に涙を禁じえなかった。私が育った信州からは満蒙開拓の名のもとに、多くの農家の二・三男らが満州に渡って命を落としたり、取り残された子供らが残留日本人孤児となったりした悲しい歴史があるだけに、他人事とは思えなかったからだろう。当時私の父は小学校の教員として諏訪地方の山村に奉職しており、上層部からは満蒙開拓青年団員の募集を命じられていた。しかし、農家の長男でもあった父は、外地に行くまでもなく足元に耕す土地があるとして、教え子の誰一人として推薦しなかったという。その懲罰として、父はそれこそ車も通わぬ木曽の山奥の分教場に飛ばされ、終戦後の異動で郷里復帰が許されるまで家族の顔もほとんど見られなかった。諏訪地方ではその後引揚者が各地に入植し、私の故郷の村も戦時は8つだった集落が12まで増えている。何のための満蒙開拓だったのか、夥しい犠牲を生んだ歴史の一コマを振り返りながら、しばらく考えさせられる時を過ごした。
プロフィール

suwanoumi

Author:suwanoumi
PC勉強中の後期高齢男性。趣味は土いじりと読書、歴史ものが中心。今は桜にからむ日本と米国の交流の歴史を追いかけています。ブログは始めてまだ1日、これから楽しみです。

ようこそ
あなたはだーれ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク